So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリアのスーパーマーケット [留学]

イタリアのスーパーマーケットにエッセルンガ(ESSELUNGA)というところがあります。
フィレンツェにも、何店舗かあります。
1957年、ミラノにできたのが始まりです。
このスーパーマーケットの広告でおもしろいものがありました。
この広告は、2001年から2005年くらいまで作られていたようです。
私が留学していたのは、2004年なのでこの広告をよく見ました[わーい(嬉しい顔)]

ようするにダジャレなんですよね、これって[たらーっ(汗)]

わかりやすいところで、こちら
PB040061.JPG
ジョン・レモンって[がく~(落胆した顔)]

PB040065.JPG
アラビアのロレンスから来てるのでしょうね[たらーっ(汗)]

PB040067.JPG
イタリア語でナスは「メランザーナ」と言いますが、メランザーナ・ジョーンズ・・・
インディアナ・ジョーンズ(インディー・ジョーンズ)ですよね、これは[がく~(落胆した顔)]

こんな感じで、エッセルンガは面白い広告を作っていました。
ダジャレですけどね…[ぴかぴか(新しい)]
私はわりと好きでした。

エッセルンガは他のスーパーよりも安いし品数も多くて便利でした。
ただ、町の中心にないのが残念。


フィレンツェの修復学校 [留学]

私が通っていた修復学校は、
Istituto per l'arte e il restauro Palazzo Spinelli
という所です。

私は、書籍・紙作品(版画など)の修復を学びましたが、
最近イタリアでは、この分野を学ぶ人が減っているそうです。
生徒数は、他のコースよりも少なかったです。
毎年、開講されるかどうか怪しいと、先生方は言っています。
サマーコースの参加者は多いようですが、年間を通して、というと少ないようです。

さて、なぜ修復学校の話を書いたかと言いますと、実は「イタリアで大の字」という
小栗左多里さんの漫画に、学校のことが出ていたからです[目]



イタリアで大の字―さおり&トニーの冒険紀行 (さおり&トニーの冒険紀行)

イタリアで大の字―さおり&トニーの冒険紀行 (さおり&トニーの冒険紀行)

  • 作者: 小栗 左多里
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本




油絵修復のコースに一日体験入学したエピソードが出ています。
教えている先生は私もお話をしたことがあるのでなんとなく懐かしくなりました。



イタリア留学のこと [留学]

5年も前になるけれど、美術品の修復を学ぶため、
フィレンツェに1年間留学していました[exclamation]

気がつくと5年経っていて、時が経つのは本当に早いなあと思います。
滞在許可証を取ることから始まり、お部屋を探したり、半分くらいしかわからない
イタリア語の授業を受けたり、大変なことがたくさんありました。
でも、私にとってあの1年はとても楽しい1年でした[るんるん]
良い師匠と素敵な友人たちとに出会えたこと、かわいらしい大家さんと
一緒に暮らしたこと、などなど本当に楽しかった[かわいい]

そういえば、あの年はサッカーの中田選手がフィオレンティーナに移籍した年で
街を歩くたびに「なか~た」と声をかけられました。
サッカースタジアムの近くに住んでいたので、試合のある日は大騒ぎでした。

スタジアム周り

私はマフラーを買いました!!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行