So-net無料ブログ作成
検索選択

作品展@カフェ分福 [作品]

高円寺のカフェ分福で行われていた友人の作品が
無事に終了いたしました。

私がお手伝いした作品も壊れることなく!?1週間を過ごしました。
作業時代はもう少し上手にやれたらよかったのですが、
今の私の実力ではこのくらいなのかもしれません・・・。
まだまだ修行が必要です[バッド(下向き矢印)]

カフェ分福の入り口
WP_000593.jpg

店内の様子
WP_000625.jpg

WP_000597.jpg

カフェの食事もおいしかったので、作品展がなくても通いたい場所になりました[ぴかぴか(新しい)]

作品展のお知らせ [作品]

突然ですが、友人が作品展を開催しますのでお知らせいたします。

DCIM1991-2.jpg

【作品展のご案内】
優花風音 feat. 田川 奈美子
作品展 書花「orb」
2013.05.21(火)-05.26(日)
@カフェ分福(東京・高円寺)
http://blog.goo.ne.jp/getduffy_photolife

円、環、球、軌道、天体、目…
「orb」の言葉の意味を、
書と花でカタチにします。

カフェ分福で過ごす空間が、
さらなるつながりを生み出しますように。
----------


優花風音さんの書の表装をさせていただきました。
作品展用の表装をするのは初めてなので、いまだにドキドキ[揺れるハート]しています。
でもこういう機会はなかなかないので、ありがたいことです[かわいい]
プライベートの忙しい理由の一つでした[たらーっ(汗)]

お近くの方、お時間のある方、ぜひカフェ分福にいらしてください。

和装本をつくる [作品]

最近、会社で和装本の作り方を教えています。

昼休みに教えているので、毎日少しずつしか進めませんが、
楽しみながらやっています。

WP_000100.jpg


手製本3 [作品]

2枚の紙を交差させた、交差式製本。
また作りました。

交差式1015.JPG

交差式1015-2.JPG

色の組み合わせを考えるのは楽しいのですが、
表紙のデザインを考えるのが苦手です…。


手製本2 [作品]

写真では分かりにくいかもしれませんが、

中身の紙と表紙をピンクで合わせ、花ぎれをブルーにしてみました。
実は、しおりひももピンクです。

オモテ・ウラ表紙ともに厚紙を使用し、背は角背にしています。

PA110248.JPG


PA110250.JPG


PA110251.JPG

タグ:手製本 角背

手製本 [作品]

本の修復の勉強をしているときに、本の作り方も学びました。
というか、本がどのようにできているかを知らないと直すことができないので、
本の修復の勉強と製本の勉強は、同時に学びました。

この製本は、「交差式製本」と日本では呼ばれています。
イタリアのカルメンチョ・アレーギ氏が考案した製本です。
最近は、手製本についての書籍もたくさん出ているので見たことがあるかもしれません。

二枚の紙を交差させて表紙にしています。
(表側)
PA070201.JPG

(裏側)
PA070200.JPG

綴じ糸も交差させています。
PA070202.JPG

紙の色の組合せ、糸の色で、表紙のデザインでだいぶ変わります[exclamation]


次の作品は試作品です。
美術館や博物館に行ってポストカードを買うのですが、保管に困ったので、
折本のようにしてみました[るんるん]

表紙です。カラバッジョの作品のポストカードだったので、マーブル紙で表紙を作成しました。

PA070206.JPG

開くと、こんな感じです。

PA070198.JPG

上から見るとこんな感じです。
PA070197.JPG

つなぎの部分も実は、表紙と同じマーブル紙を使用しています。


趣味と実用を兼ねて、いろいろ作成中です。

二年ほど前に行った製本教室では、交差式製本が好評でした[かわいい]
製本に興味のある方が多いのもうれしかったです[わーい(嬉しい顔)]

製本をしてみたいという方がいれば、また教室を開こうと思っていますので、
興味のある方はぜひ参加してください。







友人の作品 [作品]

突然ですが、友人の作品を紹介させてください[サーチ(調べる)]


これは2006年のパスクア(pasqua復活祭)の時に送ってくれたグリーティングカード
di-somma-pasqua-06.jpg



これは2008年お正月に送ってくれたグリーティングカード
di somma-2008.jpg



最後はなんの時だったかしら?覚えていません…。ごめんなさい。
Di-Somma-confessions-44.jpg



いかがですか[目]




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート